2012年05月15日

ボニックの評判 メリット デメリット

(ボニックのサイトボニック詳細はコチラ

ボニック使用者達の評判をまとめたので見てみてください。

メリット

・手が届くところなら、体のどこでもあてられる

・部分痩せに最適

・痩せエクササイズ以外にむくみ解消に使える

・防水だからお風呂で使える
(むしろお風呂で使ったときの方が効く)

・無理な運動をしなくても良い

・「〜ながら痩せ」が出来る

・操作が簡単

・同時に、軽い、食事制限をすれば、
 効果が出る

・値段が安い




デメリット

・痛い

・筋肉痛になる

・体重が減るわけではない

・値段が高い

・値段がわかりづらい


--------------------------------------------------------------------------------------------
ボニックの評判は、まずまずと言ったところで、この手の商品としては十分合格レベルだと思います。


各項目についての詳しい考察を

左のカテゴリ内の記事に散りばめてますので、


見てみてください。

---------------------------------------------------------------------------------------------



個人的な感想も述べます。




わたしは2000年位にEMSマシーンの先駆けとして、
プロなんちゃら(名前忘れたけどすごい有名なやつです)も買ったんですが


その頃に比べて
ものすごい進化を遂げたな」という感じです。


最近の流通している他の似た商品とは比べてません。
色々調べて、始めにボニックに決めたので。


進化というのは以下の様な感じです。



・筋肉の動き方が滑らかになった!
 昔はガックン!ガックン!って感じでした。
 滑らかになったからって、効いていない訳ではなく、
 ポカポカしてくるし、むしろ次の日筋肉痛です。

・防水になったのは大きい!
 お風呂で使えるとか考えられませんでした。
 今でも、他商品で完全防水はあまりないみたいですね。

・長く使える!
 
 これは手軽さということではなくて、「品質そのもの」のことです。

 EMSを使ったことがない人のために教えますが
 EMSにはいくつか種類があります。ボニックみたいなのもあれば、腰に巻くベルト式みたいなのもあります。
 
 さらに肌に触れる部分の素材とかも違います。
 アルミだったり、服のような化学繊維だったり、プラスチックだったり。

 肌に触れる部分が、アルミだったり、化学繊維だったりする商品は
 長く使っている間に素材が剥げてきます。

 チクチクして痛くなってきます。

 もともとEMSは電気を通してピリピリするものなので、
 肌に触れる部分の素材が剥げてくると、激痛です。
 とても使えるような状態ではなくなるので
 買い換えることになります。

 
なので肌に触れる部分が、アルミや化学繊維みたいなのは辞めておきましょう。
 ベルト式や、1万円以下の安い商品に多いです。(ボニックはプラスチック及びシリコンなので安心)


以上から、費用対効果を考えてみて十分に購入する価値ありでした。
 ボニック詳細はコチラ
posted by Bonic at 06:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 2.評判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 TOPに戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。